脱毛サロンが初めてでも安心できるそのワケ

40代以降の利用者が増加

エステティシャン

将来を見据えた介護脱毛

脱毛サロンで施術を受ける年代といえば、20代・30代と若い女性というイメージがあるかもしれませんが、最近40代以降の利用者が増えています。40代・50代といった大人の女性が脱毛サロンを利用する理由として最も多いのが、VIOをキレイにする「介護脱毛」です。あまり聞きなれない介護脱毛という言葉ですが、Vライン・Iライン・Oラインといったアンダーヘアをキレイに整えておくことを言います。介護となった場合、アンダーヘアに排泄物が付着し介護する側は、衛生面をキープするためにとても気を使います。また介護される側としてもアンダーヘアを見られるのが恥ずかしかったり、排泄物が付着してかぶれを起こすなど不快に感じることも増えるでしょう。介護する側、される側の負担を少しでも減らすために、まだ元気な40代・50代から脱毛サロンでVIOの脱毛を始める人が多いのです。脱毛サロンで受けられる光脱毛は減毛作用があり、無駄毛を生えにくくする効果があるのでアンダーヘアを整えるのにピッタリです。脱毛と聞くとツルツルになるまで処理するというイメージがありますが、そこまで脱毛しなくても毛量を減らしたり、キレイに形を整えたりするだけでも介護脱毛としての効果は期待できます。Vライン・Iライン・Oラインのみの施術であれば、どのくらいアンダーヘアを減らすかによっても異なりますが、5万円から15万円程度の費用で済みます。脱毛サロンでの光脱毛は白髪は処理することができないため、介護脱毛を考えているのであればできるだけ早めに初めておくと良いでしょう。